ブログ

【中小企業向け】CRMツールの導入がおすすめな理由と選定基準

日本では、生産年齢人口の減少によって、人手不足や経済規模の縮小などの問題が懸念されています。中小企業も例外ではなく、依然として多くの業種で人手不足の状況が見られます。 このような状況下において、限られた人員で業務効率化を目指すには、CRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)をはじめとするツールの導入がおすすめです。 しかし、「CRMツールの導入でどのような効果が期待できるか」「選定基準を知りたい」とお考えの担当者の方もいるのではないでしょうか。 この記事では、中小企業がCRMツールを導入するとよい理由をはじめ、CRMツールの種類や選定基準を解説します。

記事を見る

BtoBにおけるCRMツールの導入メリットとポイント

売り上げ管理や営業効率などに課題を抱える企業のなかには、「CRMツールでどのような課題を解決できるのか分からない」「導入時のポイントを知りたい」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。 この記事では、さまざまな企業が抱える顧客管理の課題や、BtoBにおけるCRMツール活用のメリットと導入時のポイントを解説します。

記事を見る

ナレッジマネジメントによくある失敗とは? 解決策とともに解説

ナレッジマネジメントとは、個人が持っているナレッジを社内で共有して、会社全体の資産に変換することによって、業務の改善を図る経営手法のことです。 うまく活用することで新人教育の時間の節約や業務の属人化の防止に役立ちますが、さまざまな原因によって失敗してしまうことがあります。 ナレッジマネジメントを成功させるために「失敗の原因を把握しておきたい」「効率的に行うポイントを知りたい」とお考えの方もいるのではないでしょうか。 この記事では、ナレッジマネジメントによくある失敗とその解決策、効率的に行うポイントについて解説します。

記事を見る

ナレッジ管理とは? 導入する際のポイントも解説

ナレッジ管理を行うことは、従業員間のナレッジの格差を埋めることに役立ちます。 しかし「ナレッジ管理がどのようなものなのかあまり分かっていない」「ナレッジ管理を始める際には何を意識すればよいのだろう」と考えている方もいるのではないでしょうか。 この記事では、ナレッジ管理の基本情報やナレッジを蓄積する方法、ナレッジマネジメントツールを導入する際のポイントについて解説します。

記事を見る

DX化に必要なナレッジマネジメントの重要性と進め方のポイント

企業内でDX化を進めるためには、知識・ノウハウ(以下、ナレッジ)を共有して組織全体の生産性を向上させる経営手法である“ナレッジマネジメント”が欠かせません。 しかし「ナレッジマネジメントの重要性がよく分からない」「ナレッジマネジメントの進め方を知りたい」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、DXに必要なナレッジマネジメントの基礎知識と、効率化する方法を解説します。

記事を見る

DX推進のツール選びに悩んでいませんか?
ez vitalにお任せください。

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日10:00~17:00)
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
中小企業のDX化の
お役立ち資料はこちらから

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧